アバットメントで接続

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。
他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。
どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることは十分可能になりました。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒ホワイトニングの効果を実感出来る