院内感染のリスク

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒歯 汚れを取る 歯磨き粉