インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
他の治療が難しい方に適用されます。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。
引用:歯磨き粉をホワイトニングは効果抜群です